お客様の声 カフェでお片付け相談 2時間+アフターフォロー 
   (洗面所)/ K様

【K様の片付けの悩み】
物に愛着がありすぎてなかなか捨てられないので困っている。もしこの部屋に知人が訪ねてくることがあったら人格を疑われるかもと考えてのご依頼。

【相談による改善点】

散らかっている部屋に呼ぶのは恥ずかしいからと、カフェにて相談コースを選ばれました。
お店で写真と間取りを見ながら、カウンセリングと片づけレッスンをしました。

片づけ本を沢山読まれていたので、自分のいけない所、やり方はご存知でした。
ところが、自分の部屋や暮らしに照らし合わせると、「そうは言っても出来ない」と感じるところがあって片づけが進まないそうです。
ひとつひとつ疑問にお答えしていると、ご自身の中でつっかえていたことが解決できたそうで、その後片付けられました。

【k様より頂いたご感想】

『先日は片付けの相談でお世話になりました。
その際は的確なアドバイス、ありがとうございました。

遅くなりましたが進捗をお知らせしたいと思い、ご連絡させて頂きました。

お会いしてお話した後、背中を押された気で片付けの基本の本を読み直し、物への執念を自身の中でカタをつけることから始めました。
そうしたら、急にもう部屋の中の物が不必要な物に見えてきたので、モチベーションをあげ
あの時は、出来るところからちょっとづつとアドバイス頂きましたが、一気に丁度お休みがあった連休などを活用し、不要な洋服10袋(コート類も似合わない色や同じような型は処分致しました)、本やDVDもネット宅配を依頼し(そうすると、必然的に取りに来る日が決まるのでそれまでに最初に決めた歯個数に達するよう箱詰めしないといけないので)8箱、引き取ってもらいました。

CDと同人誌関係はなかなか再入手が難しい現状から、手元にまだ残してありますが、マイブームが去った後はオークションに出すなり、廃棄するなりしていくつもりです。

葉書の類も山のように出てきた分を、2年前までのものだけと決め、簡易葉書ケース(2Cm程のスナップ付きのブックタイプ)に納めました。
化粧品関係も使えるものと古いものを仕訳、机上にはPCだけにして、机上に並んでいたSNOOPY達は、扉横にある本棚の上(ここには数年、手をつけていない葉書の類や電化製品のコードなど不用品の溜まり場になっていたので全て処分)に並べました。

お陰で部屋に入った時の視界はスッキリ、寝るときにはSNOOPY達が大勢見えて、気持ちの良い環境になりました。

ただ洋服の大量廃棄で衣替えの必要の無い生活になりましたが、アドバイス頂いたタンスの移動がちょっと難しく
右側のタンスにインナー上物、靴下類を、左側の造り付けのクローゼットにはスカート、上着、セーター類など嵩張るものを入れ、タンスを移動させてみたら?とアドバイス頂いた場所には本棚を移動し、作り付けの本棚と合わせ本を挟んで洋服が2箇所になってしまいましたが、使い勝手は以前よりも格段と良くなりました。

またベッドの足脇にあった不必要な金属製の小物入れも処分しました。
SNOOPYと同人関係がなかなか手放せませんが、本はあと3割、処分(こちらはゆっくりと)してスペースを作り、洋服も1つ買ったら2つ廃棄を頭に入れて購入しようと誓いました。

一気にしたせいか本当に重労働でしたが、これ程の動力が必要なのであれば、不要なものは増やさない!!という志(大袈裟?)が必要とよく分かりました。
お近くなので、また新たにご相談を追々させて頂くことかと思いますが、取り敢えずお陰さまで晴々とした部屋で年が越せそうです。
ありがとうございました。』

まとめ

ご依頼くださった時に、「不必要な物をごっそり処分してくれるところも考えたけれど、自分が変わらないとその場限りになる」と考えたそうです。
物の整理の前に心の整理をすることが大切と気づかれて良かったと思います。

『他の人に比べたら、まだまだモノの多い部屋ですが、自身がスッキリ気分に感じられる空間になれたので、とても居心地よく過ごしております。1つだけ、絶対に元にあった場所に戻す‼これだけを実践するだけで、全然違いますね。洋服も本も使い終わったら元にあった場所に戻す、仮置きしない!どんなに疲れて帰っても、これだけは実践しております。』
この言葉から、片づいた部屋がキープできるように変わられたと思いました。