お客様の声 初回5時間半レッスン1名
 (キッチン・廊下収納・押入れ・カウンター下) / A様

【A様の片付けの悩み】
1歳と4歳のお子様がいらっしゃるので、なかなか大がかりな整理収納が出来ないそうです。本を読んで収納の工夫をされているようですが、定位置が決まらずに「なんとなくそこに置いてしまう」といった感じで全体的に雑然としているのが悩み。すごく綺麗じゃなくてもいいので、全体的に片付いた家にしたいとのご希望。

【A様の問題点】
モノは少ないお家でしたが、お持ちのモノに対して収納する家具が少なすぎるので行き場の決まらないモノが外に置かれたままになっています。以前から家具を購入しようと思ってはいたそうですが、どんな家具が使い勝手が良いのか分からず悩んでいたそうです。

【整理収納による改善点】
押入れ/収納の見直しで布団が仕舞えるようになりました。
キッチン/収納を変えてスッキリした印象に。
廊下収納/家族が共通して使うモノをカゴを使ってグルーピング。しっかりラべリングしたので、一目でわかります。
リビングの飾り棚/結婚式の思い出品を出して、お客様用のカップを入れました。見た目も綺麗です。
カウンター下収納/よく使うモノを入れました。

押入れ/収納の見直しで布団を仕舞えるようになりました

 押入れ用収納家具が奥へ入ってしまい、使いこなせていませんでした。
キャスター付きで引き出せるタイプのため、方向を変えて収納の見直し をしました。押入れ上段の整理もしたことで、外に出たまま片付かなかったお布団が入りました。全体的にはモノが少ない家でしたが、奥様が好きな布袋やカバ ンは沢山お持ちです。好きなモノの数を絞るのは難しいですが、そこはよく使うモノに分けて頂き、他のカバンは寝室へ移動しました。

 

ビフォー アフター
阿部様 067 阿部様 077

 

キッチン/収納を変えただけですっきりした印象になります

キッチンに置いてあった棚はカゴを使って工夫してありましたが、上のカゴは使いかけの調味料、下のカゴはお子様のお菓子と決めてあったはずなのに、他にも いろいろなモノが入ってしまっています。棚もグラグラしていたので、結束バンドで固定してオレンジの箱は毎日飲む薬。下段にはお茶や紅茶を入れました。
こちらにも、しっかりラベリングをしてもらいましたので、奥さまご自身もつい違うモノを入れてしまうことを防ぐことが出来ます。

ビフォー アフター
阿部様 030 阿部様 086

 

まとめ

今回は、整理収納以外に、キッチンとリビングの収納家具のご相談をいたしました。

家具を置けば確実にお部屋とキッチンが使いやすくなるので、どんな家具が良いのか整理したモノを見て後日カタログでご提案しました。特にキッチンは、食器棚が無いためシンク下に食器が収納されています。取り出す度にかがまなくてはいけないので、不便そう。ごみ箱の上のスペースを活用するようご提案すると、そこに置けるとは気づかなかったとおっしゃっていました(笑)見慣れた家は、不思議と思いつかない時がありますね。

ごみ箱が収納できるキッチン棚にも書きましたが、食品と食器を置くと考えてもいろいろなタイプがあります。A様宅は設置場所が80cm幅無いため、キッチン棚は限られてしまいますが、それでも60cmなら置けて十分収納できます。

今回はA様のご要望から、キッチン、廊下収納、押入れ、カウンターの下、リビングに置いてある飾り棚の1段と広範囲に片付けることになりました。このように広範囲に見直すのは、とても良いこと です。例えば、キッチンの吊戸棚に収納されていたお客様用カップをリビングの飾り棚へ移動。そこに収納されていた、結婚式の思い出品は押入れに収 納と、使用頻度と行動導線を考えて大きくモノの移動ができます。大きく入れ替えたこともあり、家族がどこに何があるのか今後困らないように、ラベリングを しっかりしていただきました。定位置がしっかり決まったので、使ったら戻すだけで忙しくても片付いたお部屋がキープされますね。